わたしたちタウン薬局は、患者さんにいつも安心・信頼してご相談いただけるような、地域密着型のかかりつけ薬局を目指します。



タウン薬局 研修レポート

第49回 日本薬剤師会学術大会in名古屋
 平成28年10月9日〜10日の2日間、名古屋で開催れた日本薬剤師会学術大会に発表者を含む5名で参加しました。

 まずは、「ここから始まる健康フェア」というタイトルで口頭発表した安芸中野店の小林管理薬剤師の感想です。

 平成28年10月9日・10日名古屋市で開催されたこの学会に参加し、現在弊社(タウン薬局)が取組んでいる「健康フェア」について発表いたしました。
 私が学会で発表したのは、20年くらい前で、当時は発表用のスライド作りなど苦労しましたが、今ではパワーポイントのデータを持ち込むだけと時代の変遷に驚きました。
 今回の発表は、弊社が現在取組んでいる薬局主導型で関係する多職種が連携した「健康フェア」を開催しているということに、多くの方の興味を得たのではないかと感じました。 フロアからの「フェアは、行政主導型のものに参加したものか、どうか」という質疑応答にもいささか緊張しましたが、逆に私たちの薬局主導型を強く印象付けられたことと嬉しく思いました。
 今回の発表にあたっては、昨年、当学会でポスター発表した「お薬手帳活用のための意識調査とそこから見えてきたこと」がスタートとなっており、フェアで人手不足となるとき店舗を守ってくれた皆さんなど、社内の素晴らしい協力体制に感謝するとともに、今後も事業の成果を継続して発表できることを期待したいと思います。
  (タウン薬局安芸中野店 小林 弘司)

 


 次に、同行したタウン薬局己斐店の管理薬剤師でもある徳島エリア長の感想です。

 今回タウン薬局としては、「薬薬連携・地域連携」の分科会において安芸中野店から、「ここから始まる健康フェア」と題して、行政、薬局、介護施設、老人会などが一体となって開催している健康フェアにおける薬局の役割について発表を行いました。
 この分科会では、他薬局からも「薬局内で行っている健康教室」についての発表がありましたが、なかなか地域に広がらない中、どのようにしてタウン薬局では行政、老人会などと一体となって健康フェアが開催できたのかなどの質問が出るなど、大変インパクトのある発表になりました。
 「地域連携」として発表された演題の中には、地域薬剤師会の主導による地域病院と癌治療や検査値の読み方の勉強会に参加でき、治療に対する理解や参加が出来てきたとの発表もありましたが、病院との対話について、なかなか病院側から返事が返ってこないという問題点が提起されました。
 今年4月の診療報酬改定を受け「かかりつけ薬剤師」の発表も多くありましたが、大手薬局と違い中小の薬局では進んでいない現実を感じました。
 私たち、タウン薬局に於いても引き続き地域に根ざした活動を通じわが町の薬局と信頼され、なんでも相談できる薬局へと努力していかなければと再認識しました。
  (タウン薬局エリア長 徳島 寛)

 最後に、採用担当の井本の感想です。

 日本薬剤師会学術大会に初めて参加いたしました。 去年の当学会に弊社はポスター発表を行い、今年は安芸中野店から現在行っている「健康フェア」における薬局の役割について発表を行いました。
 口頭発表以外にも、他企業のポスター発表なども見ましたが、特に「かかりつけ薬剤師、健康サポート薬局」のポスター発表時は、ポスター会場内で身動きが取りにくくなるほど、たくさんの方が見に来られていました。
 この課題に対する関心度の高さを感じたと同時にタウン薬局に於いても、グループ会社に訪問看護や居宅介護支援事業、通所介護のある環境は、今後こうしたかかりつけ薬局等の体制整備の「強み」として会社一丸となって取り組まないといけない事だと再認識しました。
 個人的には、今回の学会を通してタウン薬局の今まで行ってきた活動が正しい方向だったと確認できたと同時に、平成31年度の実務実習に向けての学習成果基盤型教育(OBE)を意識した計画表の作成や、薬剤師としての活躍に繋がる様な実習の仕組み作りなど実習指導薬剤師と一緒に進めて行かなければいけないなどの課題も見つけられる事ができ、非常に有意義な時間を過ごす事ができました。
  (採用担当 井本 健之)

 
第48回 日本薬剤師会学術大会in鹿児島
 平成27年11月22日・23日に鹿児島で開催された第48回日本薬剤師会学術大会に参加しました。 今回の学術大会はポスター発表をし、総勢7名で鹿児島に向かいました。
 発表したポスターのタイトルは、「お薬手帳活用のための意識調査実施とそこから見えてきたこと」で、意識調査のアンケートは全店舗(8店舗)で実施し、約600人の患者さんに協力して頂きました。 ご協力くださった方々に厚くお礼申し上げます。

 

以下、発表者2名の感想です。

 この度は日本薬剤師会学術大会に参加させて頂きありがとうございました。
 タウン薬局からの参加は久しぶりということでしたが、多くの方のご協力のもと無事ポスター発表を終えることができました。
 今回のテーマであるお薬手帳についてですが、薬局薬剤師としての立場だけではなく、病院内での利用も想像以上に広がっている事を改めて実感できました。 印象的だったのが救急で病院に運ばれてくる患者さんが手帳を持っていることで安心して処置ができるととある先生がおっしゃっていました。 反対に薬剤師と患者さんの間でお薬手帳に対する価値観のズレもあるのではないかというお話もあり今後も地道な啓発活動が重要であると感じました。 今回の貴重な経験をもとに患者さんにとってお薬手帳がよりよい情報ツールになるよう業務に取り組んで参りたいと思います。
  (福本 千裕)

 

 鹿児島のポスター発表では、たくさんの人の集まりに圧倒されましたが、皆様のお力添えもあり無事終えることができました。 発表時には見て質問下さった方へ上手くお答えできないこともありましたが、貴重な意見を多く頂くことができ幸いでした。 薬剤師の方以外にも質問を頂き、色々な意見を聞くことが出来て大変参考になりました。 他施設のポスターも介護や薬剤のことなど様々な内容があり、見るだけでも大変充実した1日を送る事ができました。 たくさんの人が集まっているのを見て、また改めて今回のポスター発表が出来たのも皆様の協力あってこそだと思いました。 この場を借りてお礼を申し上げます。
  (山本 真由美)

 

 最後に、人事・採用担当の藤井の感想です。

 今回、私自身は初めて日本薬剤師会学術大会に参加してきました。 毎年、社員に参加を募っておりますが、今回のようにまとまった人数で参加するのは、大阪大会依頼2年ぶりとなります。 以前にはバスを借りて参加したこともあると聞いたことがあります。
 今回のメインは、若手社員の福本、山本によるポスター発表です。 テーマは「お薬手帳活用のための意識調査実施とそこから見えてきたこと」と題し、薬局全店舗(8店舗)に協力を依頼し作成しました。 アンケートは8店舗で610の回答を得ることができました。
 弊社のポスターは、色々なポスターがある中でも内容も見た目も立派なポスターでした。 質疑応答には全部で10名くらいの方に足を止めていただき、話を聞いて頂きました。 福本、山本も最初はぎごちない面もありましたが、回を重ねるうちに慣れてきて、立派に質疑応答をしておりました。 改めて、こういった発表は、新入社員から管理薬剤師へのスキルアップの為にも、今後も続けていくべきだと感じました。
 ポスター発表以外には、個人的にランチョンセミナー「最強医療コミュニケーション なんでやねん力」が印象に残りました。 学会としては少し違うテーマと感じられるかもしれませんが、「笑い」こそが最強のコミュニケーションという言葉通り、コミュニケーションスキルは業界関係なく、社会人に必要なスキルだと改めて感じることが出来ました。
 終了後は、鹿児島料理と地酒のお店で打ち上げを行いました。 発表でお疲れのみなさんはもちろん、見守っていただけの私にもとても美味しく感じられました。
 学会で発表をすることによって、会社としての一体感も生まれました。 グループ会社との合同忘年会もそうですが、一緒に何かをすることによって、より同じ会社(グループ)で働いている意識も強くなります。 来年以降も会社(グループ)としての合同イベントを多く開催できればと考えております。
 来年は名古屋で日本薬剤師会学術大会が開催予定です。 今後は新入社員の研修のひとつとしてポスター発表、中堅から管理の方には口頭発表など、社員全員で新たなテーマを見つけ、来年も何かしらの発表が出来るよう皆さんと共にひとつの目標を目指せればと思います。
  (藤井 正大)


 
第41回 日本薬剤師会学術大会in宮崎
 平成20年10月12,13日 宮崎で開催されました。
 当タウン薬局からも2題の発表を行いました。

 10月12日(日)16:30〜18:00示説
 宮崎忠彦によるポスター発表
 「VAN発注端末とレセコン内蔵型在庫システムの連動による発注伝票入力の省力化について」
 
 10月13日(月)9:50〜10:40 会場
 タウン薬局安東店 永冨祐里子の口頭発表
 「お薬手帳の持参率アップを目指して〜後期高齢者への啓発〜」

 
第40回 日本薬剤師会学術大会in神戸
平成19年10月7日、8日
  先月、神戸で開催されました"第40回日本薬剤師会学術大会(10月7日・8日)"の視察に行かせていただきましたのでご報告いたします。 社内における研修環境については、従来の店舗での"製剤"を中心とした勉強会のほかにも、"漢方"や"病態"といった定期的な社内セミナーあるいは薬剤師会の研修会への積極的な参加・・・とある程度充実して参りましたが、今後は学術大会での発表を目標に「更なる研鑽を」と考えておりましたので、もっと機運を盛り上げて、是非とも来年の"宮崎大会"につなげていきたいと思います。
(M部長)


  特別記念講演では、高齢社会と医療(特に薬剤師の役割を中心に)との題目で講演があり、 テーラーメイド医療の実現性、遺伝子の機能解析、薬の最終指標を明確にしていくなどの提案がありました。 最も信頼できるエビデンスに基づいて個々の患者に適切な診療が行われ、今後の薬剤師においての役割としてかかわっていく内容が伺えました。 ランチョンセミナーの"調剤薬局におけるセキュリティーについて"は、個人情報保護法が施行されたことに伴い、安全管理に関して調剤薬局における対応、運用管理での規則の必要性等の内容でした。 なお、参加者が多数で、会場はどこへ行っても混雑しており、思うように動けなかった状況で、皆さん大変そうでした。
(Nエリア長)


 10/7に神戸ポートアイランドにて開催された薬剤師会学術大会に参加させていただきました。 盛会で意欲的な薬剤師の数の多さに感激しました。 特に、在宅医療についての関心が高い事を改めて感じました。 介護と医療を結びつけたこれからの福祉、薬局業務について、勉強したいと思っていたのですが受講者が多く、あまり聞きとれずに終ってしまったのを残念に感じています。 まだ全ての資料に目を通せないでいるのですが、資料に目を通して、これからの展望が開ければと思っています。

(Mエリア長)


 薬学部が6年生となり、どんどんと学ぶことが進化されていきます。また、研修や指導薬剤師の話も耳にします。 今さら勉強はなかなか頭に入って来ないのが実情ですが、見たり聞いたり話したりすることにより、きっかけができてきます。 今回の学術大会も広島以来2回目の参加でしたが、機器を見るだけでもおもしろかったですし、薬情や薬袋など身近に患者さんに役に立つものがありました。 是非、次の学術大会に向けて若い人の参加はもとより発表するのもひとつだと思います。 機会があればどんどんいろいろな所へ参加し刺激を受けることが必要だと思います。
(S店長)


 他所の県で開かれる学会を聞けるとはまさか思わなかったので、チャンスをくださりありがとうございました。 すごく難しい研究を発表するというより、調剤薬局のような施設でもなにかテーマを決めて、データーを集め、統計をとってみたりと、そういうきっかけを作るための学会のように思いました。 団長、隊長、保護者、子ども?となかなか楽しい旅でした。
(安芸中野店 S)


 2年前の広島で行われた学術大会とは違い、やっぱり神戸はキレイでした(笑)。 7日のみの参加でしたが、全国の薬剤師が集まった講演を聴く機会はあまりないのでしっかりと拝聴して参りました。ここで得られた事を今後の業務への励みにしたいと思います。 来年は宮崎県と言うことで、東国原知事の等身大パネルと写真を撮ったのがよい記念になったと思います。
(安東店 N)