わたしたちタウン薬局は、患者さんにいつも安心・信頼してご相談いただけるような、地域密着型のかかりつけ薬局を目指します。



薬・医療に関する豆知識~お薬や医療制度について知っておいていただきたい情報をご紹介しています。

薬の種類

お薬についてです。お薬には色々なタイプのものがありますよね。
一般的には「錠剤」「顆粒剤」「カプセル剤」などがあげられますが、そのほかにもこんなに色々な種類があるんですよ。

内服薬

  • 錠剤
    錠剤はその成分が効果的に吸収されるように、胃で溶けるもののほかに、胃では溶けずに腸で解けるもの(腸溶剤)があります。
  • 舌下錠
    頬の内側や舌の下に入れて溶かし、口腔粘膜から吸収させます。狭心症発作などに効くニトログリセリンが代表的な舌下錠です。
  • トローチ
    口の中でなめて溶かします。のどの痛みなどを緩和する薬が代表的なものです。
  • カプセル剤
    ゼラチンなどで作ったカプセルに散剤を入れ飲みやすくしたのがカプセル剤で、苦味のある薬、口の中で広がり飲みにくい薬が飲みやすくなります。
  • 散剤
    薬を粉末にしたもので余計な工程を経ていないので安価になります。散剤は吸湿しやすいものが多いので缶などにいれ乾燥剤をいれて保管すると良いでしょう。
  • 顆粒剤
    散剤より改善され、サラサラしているので飲みやすくなっています。散剤と同様に缶などに乾燥剤をいれて保管するとよいでしょう。
  • シロップ剤
    薬を水やアルコールで溶かしたものです。乳幼児にも飲めるように甘味がついているものもあります。
    カビや細菌に汚染されやすく。保管には注意が必要です。水で溶かして飲むタイプのドライシロップもあります。

外用薬

  • 点眼剤
    点眼剤はまぶたの下に落として吸収させるいわゆる目薬。何滴も目に入れる必要はありません。1滴落とせば充分です。
    細菌で汚染されないよう、容器の先をまつげやまぶたに触れさせないよう注意します。
  • 点鼻剤
    点鼻剤は、鼻の中に噴霧したりする薬です。鼻炎やアレルギーなどで使用されます。
  • うがい薬
    うがい薬には、散剤、顆粒剤、液剤とあります。散剤、顆粒剤は水に溶かして使用し、液剤は規定量をカップなどに移して使用します。かぜのときなどの消毒には、1日1回ではあまり効果はありません。1日に4~5回するようにします。
  • 吸入剤
    鼻や口に噴霧し気管支や鼻の粘膜から吸収される薬です。喘息や花粉症などのアレルギーに良く使われます。
  • 軟膏剤
    皮膚から薬剤を吸収させ効果を現す薬です。皮膚病、筋肉痛などでよく使われます。
  • パップ剤
    皮膚から薬剤を吸収させ効果を現す薬です。いわゆる貼り薬、湿布薬です。筋肉痛で使われたりしますが、狭心症患者の胸に貼って吸収させるものなどがあります。
  • 坐剤
    一般的に座薬といわれているものです。解熱、鎮痛で使われているのも、痔で使われるものなどがあります。直腸から直接血管に吸収されるので、胃腸障害が出にくい薬です。

>> 薬・医療に関する豆知識一覧へ