お客様と地域社会から厚い信頼(Trust)を得る企業であること。
そして、深い思いやりの心(TenderHeart)を持ち、
明日(Tomorrow)の街(Town)を皆様と共に(Together)
歩み続けたいとの願いを込めています。
人の健康、社会の健康、地域の健康を目指し、T&Tグループは力の限り、
たくましく生きる力をサポートし続けて参ります。
 




 活動報告

ここからサロン
元気になる とっておきのお話
徳さんのよろず相談
「訪問薬剤指導」現場レポート
学校薬剤師活動現場レポート

がん検診講座
知っておきたい睡眠のお話
ラジオ出演
健康フェア
出張健康教室
その他


  (最新記事へ戻る)


2016年11月8日(ラジオ出演)

FMちゅーピー『みんなの健康百科』(第2・第4金曜日13時40~50分放送)に安田女子大学薬学部5年生の藤田悠希さんにゲストとして出演してもらいました。
藤田さんには薬局実習期間中に、低GI食品と減塩をテーマとしたスープ試食会のスープメニュー作成に参加してもらいましたので、 メニュー考案の秘話や患者様にご自身で考えたレシピを紹介した時の体験、薬局実習で感じたことなど交えて、一緒にお話しいただきました。

藤田さんにラジオ出演の感想を頂きました。

ラジオに出演させていただくというのは初めての体験でした。
今回は管理栄養士の小柳さんと、「低GIと減塩」というテーマで一緒にお話をさせていただいたのですが、「低GIと減塩」については私もこの実務実習をやる中で一番考えたテーマだったので、 小柳さん、そして鉄村さんのお話の中からもテーマについて考えるヒントを得ることができました。
普段の食事に少し工夫を加えると肥満や生活習慣病の予防になるというのは、薬剤師を目指す自分も広めていきたい考えです。 ラジオを通してたくさんの方に知っていただくことができていれば、と思います。
今回は貴重な体験をさせていただき嬉しく思います。 ありがとうございました。

 

(小柳賀寿恵)
<ページの先頭に戻る>


2016年3月23日(ラジオ出演)

FMちゅーピー「みんなの健康百科」(第2・第4金曜日の13時40~50分放送)(2016年4月から放送時間が変更されました)
今回は、今年の1月25日に3回生の講義を担当した呉共済病院看護専門学校の教員の中村朝枝さん、そして、この春看護学校をご卒業された矢野杏奈さんと湯浅絵里子さんの3名にゲストとして出演してもらいました。
中村さんにはご自身のがん体験や緩和ケアについての看護師としての想いを話していただき、矢野さんと湯浅さんには看護師としての抱負や初めて受けた子宮頸がん検診について話してもらいまいた。
今回のラジオでは、先日の講義の時にも紹介したがん患者さんから頂いた緩和ケアについてのメッセージも紹介しました。 「緩和ケア」と聞くと「終末期」、そして「死」をイメージする方が多いと思いますが、実は、緩和ケアとはがんと診断された時から身体や心の相談を出来る場所です。 私もがんと診断された時は不安で一杯で、毎回診察時に医師に質問したり、自分で必死に調べたことを覚えています。
一人でも多くの患者さんが安心してがんと向き合えるよう、緩和ケアについてもっと伝えていきたいと思っております。
今回出演してくださいました、呉共済病院看護専門学校の中村さん、湯浅さん、矢野さん、ありがとうございました。

 

(平野清子)
<ページの先頭に戻る>


2015年11月4日(ラジオ出演)

FMちゅーピー『みんなの健康百科』(第2・第4金曜日の15時40~50分放送)に、安田女子大学薬学部5年生の藤井美希さんにゲストとして出演をしてもらいました。

藤井さんにラジオ出演の感想を頂きました。

今まで乳癌・子宮頸癌についてあまり深く考えたことはなかったのですが、ラジオで実際に乳癌を経験された方の話を聞いてもっと自分の体を大切にしないといけないと改めて感じました。きっと以前の私のように乳癌について深く考えていない人はたくさんいると思います。そのような人達にラジオを通して自分には関係ない、検診が恥ずかしいなどと思わずに検診に行って自分の体を大切にしてほしいという思いが少しでも伝わればいいなと思いました。貴重な体験をさせていただきありがとうございました。

 

(平野清子)
<ページの先頭に戻る>


2015年8月5日(ラジオ出演)

FMちゅーピーのみんなの健康百科(第2・第4金曜日の15時40~50分放送)に、広島国際大学薬学部の薬学科長の堀隆光教授と薬学部6年生の恵飛須真奈さんに出演してもらいました。
堀教授は私の(四半世紀前の)大学時代の恩師であり、卒業してからも何度となくお会いしている教授です。恵飛須さんは昨年弊社のナタリー店に実習に来たことがきっかけで知り合い、先日薬学生向けのがん検診講座を聴いてもらいました。ラジオではその感想などを話してもらいました。
子宮頸がんの検診をまだ受けてない方へのメッセージでは、「自分は大丈夫と思わずに、もしもの時のためにぜひ検診を受けて下さい。検診を受けて自身の健康に太鼓判を押していきましょう。」という恵飛須さんの言葉が印象的でした。
放送は8/14(偶然にも恵飛須さんのお誕生日です)と8/28です。ぜひ二人からのメッセージをお聴き下さい。

 

(平野清子)
<ページの先頭に戻る>


2015年7月1日(ラジオ出演)

FMちゅーピーのみんなの健康百科(第2・第4金曜日の15時40~50分放送)に、安田女子大学薬学部5回生の中岡美咲さんと猪熊知代さんに出演してもらうことになり、本日収録をしました。
子宮頸がん検診をテーマに、6月29日のがん検診講座の感想、20代の検診受診率や検診を受けない理由などについて話し、最後にまだ検診を受けていない同世代の方へのメッセージを伝えてもらいました。
放送は今月10日が中岡さん出演、24日が猪熊さん出演となっています。
二人からのメッセージを、ぜひお聴き下さい。


お二人に、ラジオ出演の感想を頂きました。


(中岡 美咲さん)
今回、ラジオに出演させていただくのは初めての体験でした。
前日には 表情や動作が見えないため、言葉だけでどう相手に子宮頸がん検診の大切さを伝えるべきか考えていました。
声のトーンや早口にならない事など気にはしていましたが、実際に収録が始まると間違えないように話すことで精一杯になってしまいました。あっという間に終わってしまった中で、どれだけ自分の思いを伝えることが出来たか少し不安でした。
ですが収録の後にパーソナリティの鉄村さんや、今回ラジオ出演の声をかけて下さった薬剤師の平野さん、プロデューサーの方にお褒めの言葉を頂くことができ、ラジオを聞いてくださった方にも自分の思いが少しでも伝わったのではないかと思います。
ラジオを通して、子宮頸がんを早期に発見することの大切さ、そのための検診の重要さを発信することができ、医療人としての一歩を踏み出せたと感じます。
今回はこのような貴重な体験をさせて頂き本当にありがとうございました。

(猪熊 知代さん)
最初ラジオ出演のお話が来たときは恥ずかしくて何を話せばよいか分からず断ろうかと思っていました。しかしラジオに出演するなんてもう一生ないかもしれない、いい経験になるのでは?と考え直し挑戦してみることにしました。
実は平野さんの講演会を聞くまでまだまだ若いし自分には癌なんて関係ないと考えていたのですが、子宮頸がんのピークは20~30代であることを知り本当に驚きました。そして検診に行ってみるべきなのでは?と考えるようになりました。同時に私のように知識がないために検診に行かない若い人も多いのではないか、自分も癌になる可能性があることを知ったら検診に行く人も増えるのではないかと思い、ラジオでは子宮頸がんは若い人がなりやすい事や検診の大切さについて伝えたいと考えました。上手く伝えられたかは分かりませんが、自分の感じたまま正直な意見を述べられたと思います。
緊張もしましたが、貴重な体験をさせて頂き本当に感謝しています。ありがとうございました。

 

(平野清子)
<ページの先頭に戻る>


2014年10月16日(ラジオ出演)

10月16日(木)の午後14時34分より、広島エフエム放送のDAYS!という番組内の「ひろしまこども夢財団~papamama smile club~」のコーナーに生出演し、子育て世代のパパやママにがん検診の大切さを伝えました。
初めてのラジオ生出演のため緊張しましたが、薬剤師である私ががん検診の啓発活動することになった経緯や広島市を例に挙げて検診のシステムについて説明し、子育て世代の方々に自分のためだけでなく家族のためにも検診を受けましょうと話しました。
後日広島エフエムの担当の方から、コーナーの後、リスナーさんから 「検診受けたことなかったけど、ラジオを聞いて受けようと思った」 「家族に検診をすすめてみようと思います」など、沢山の反響があったと連絡がありました。 リスナーさんからの言葉を励みにして、一人でも多くの方に検診を受けてもらえるよう、今後も地道に活動していきます。

 

(平野清子)
<ページの先頭に戻る>



Copyright © 2014 "T&T GROUP" All Rights Reserved.