お客様と地域社会から厚い信頼(Trust)を得る企業であること。
そして、深い思いやりの心(TenderHeart)を持ち、
明日(Tomorrow)の街(Town)を皆様と共に(Together)
歩み続けたいとの願いを込めています。
人の健康、社会の健康、地域の健康を目指し、T&Tグループは力の限り、
たくましく生きる力をサポートし続けて参ります。
 




 活動報告

ここからサロン
元気になる とっておきのお話
徳さんのよろず相談
「訪問薬剤指導」現場レポート
学校薬剤師活動現場レポート

がん検診講座
知っておきたい睡眠のお話
ラジオ出演
健康フェア
出張健康教室
その他


  (最新記事へ戻る)

  ・2016年12月15日(知っておきたいインフルエンザのお話)
  ・2016年11月10日(社会福祉法人慈楽福祉会とタウン薬局による出張健康教室)
  ・2016年10月20日(知っておきたい骨のお話)
  ・2016年10月4日(これって加齢によるもの忘れ?認知症?)
  ・2016年8月19日(夏季特別講演)
  ・2016年7月27日(これって加齢によるもの忘れ?認知症?)
  ・2016年6月27日(これって加齢によるもの忘れ?認知症?)
  ・2016年6月20日(これって加齢によるもの忘れ?認知症?)
  ・2016年6月20日(これって加齢によるもの忘れ?認知症?)
  ・2016年6月3日 (これって加齢によるもの忘れ?認知症?)
  ・2016年5月18日(これって加齢によるもの忘れ?認知症?)
  ・2015年6月30日(食・眠・動たべる・ねむる・あそぶ ~健康を保つ3つのバランス~)
  ・2015年3月26日(食・眠・動たべる・ねむる・あそぶ ~健康を保つ3つのバランス~)
  ・2015年2月26日(食・眠・動たべる・ねむる・あそぶ ~健康を保つ3つのバランス~)
  ・2015年1月22日(食・眠・動たべる・ねむる・あそぶ ~健康を保つ3つのバランス~)



2016年12月15日(知っておきたいインフルエンザのお話)

新建すまいるカフェに伺い、【知っておきたいインフルエンザのお話】の講座を行いました。 “新建すまいるカフェ”は、2014年8月の広島土砂災害の直後に、リーダー役の横田さんを中心に立ち上がったカフェです。 その後は「被災者のみなさんの癒しの場所」となり、毎回約50名の方が参加されていましたが、今回の26回目が最後の開催となりました。
私達は今までに3度講座を行いましたが、この日もたくさんの方が聞いてくださいました。 10月に【知っておきたい骨のお話】の講座を行ったのですが、「骨密度を増やす生活習慣を続けている」とのお話しを聞くこともでき、とても嬉しく思いました。
最後となる貴重な日にもご依頼頂けましたこと、心よりお礼申し上げます。 横田様、スタッフの皆様、安佐北区復興センターすまいるの川上様、ありがとうございました。

 

(滝本桃子)
<ページの先頭に戻る>


2016年11月10日(社会福祉法人慈楽福祉会とタウン薬局による出張健康教室)

今回初の試みとして、毎月第2木曜日に中野地区で開催されている「前田いきいきサロン」で、慈楽福祉会様とのコラボによる出張健康教室を開催しました。
最初に、タウン薬局安芸中野店の小林管理薬剤師が、「お薬の飲み方」「ノロウイルス食中毒」「感染症の予防としての手洗いの重要性と方法」などをわかりやすく話しました。 説明後、皆さんから沢山の質問をいただき、日ごろから健康について興味を持たれていることが分かりました。
次に、慈楽福祉会のデイサービスセンター慈楽の里 松岡さんとデイサービスセンター安芸中野 山木戸さんによる健康体操の実地指導がありました。 「ポコペコ体操」や「おっ呼吸」など楽しい内容の体操に、皆さん笑顔で取り組んでおられました。
最後に、小柳管理栄養士が「冬に向けた食事のポイント」について話し、皆さん真剣にメモを取られていました。
講義だけでなく体操も行うことで、頭も身体も軽やかになり、皆さんの満足度は高かったのではないかと感じました。 今後もこの地区では慈楽福祉会様とのコラボによる出張健康教室を開催したいと思っております。

 

(平野清子)
<ページの先頭に戻る>


2016年10月20日(知っておきたい骨のお話)

「すまいるカフェin新建」に伺い、【知っておきたい骨のお話】の講座を行いました。 こちらのカフェには、今年の7月に「熱帯夜でもぐっすり快眠法」と「夏の水分補給」について講座を開催しており、今回が2回目の講座になりました。
まずは、薬剤師の平野から、骨の作られるサイクルや、骨が弱くなる原因、骨粗鬆症を予防するための食事のポイントや生活習慣について説明し、次に株式会社イシカワの金原さんにさらに詳しく骨について解説していただきました。
今回、骨密度計を皆さんに体験して頂きました。 その結果、喜ぶ方も残念がる方もおられましたが、私は骨密度が低い結果が出てしまい、みなさんに励まして頂きました。 そしてこれからは、骨が強くなる生活習慣を心がけようと決意し、さっそく実践しています。
依頼してくださいました横田様、安佐北区復興センターすまいるの川上様にお礼を申し上げます。

 

(滝本桃子)
<ページの先頭に戻る>


2016年10月4日(これって加齢によるもの忘れ?認知症?)

毎月第一火曜日に大磯・星ヶ丘集会所で開催されている「いきいきサロンぼたん」様で認知症講座を行いました。 こちらでは、7月に睡眠の講演も行っており、今回で2回目の講演となりました。 タウン薬局曙店の原管理薬剤師から、認知症の仕組みや認知症への効果が期待される食事・運動・睡眠のポイント、また認知症患者さんへの対応方法などについてお話しし、 最後に認知症クイズを行って頭の体操をしました。 出張健康教室では、講座が終わった後、個別に質問を受けたり談笑する雰囲気になる事が多く、 今回は、T&Tグループの居宅介護支援事業所中野の管理者の中村主任介護支援専門員が来ていましたので、急遽介護の相談に乗る場面もありました。
今後も、多職種連携によっていろんな相談にお答えできる健康教室を行っていきたいと思っております。

 

(滝本桃子)
<ページの先頭に戻る>


2016年8月19日(夏季特別講演)

今回は、毎月第3金曜日の午後に安芸区中野の下前田集会所で開催されている「いきいきサロン下前田」にお邪魔しました。 数年前にもタウン薬局の管理栄養師が講演したことがあったため、再度の依頼をいただきました。 夏季特別講演として、「薬の飲み方、熱中症の予防、食中毒」について、タウン薬局安芸中野店の小林が講師を務め、19名の方にご参加いただきました。
講演後は多岐にわたる質問が沢山ありました。 例えば、薬の期限について、ジェネリックの品質について、1回に処方出来る外用剤の量についてなどでした。 次々と質問が挙がる様子を見ていて、皆さんが日頃から薬や健康について様々な不安を持っていることが実感でき、薬剤師が直接地域の方の相談に乗れる、機会をもっと増やしていく必要があると感じました。
今後も、タウン薬局では地域に出向いての出張健康教室を無料で開催していきます。 いきいきサロン下前田の皆様にもまたお会い出来れば嬉しいです。

 

(小林弘司)
<ページの先頭に戻る>


2016年7月27日(これって加齢によるもの忘れ?認知症?)

今回の出張健康教室は、安佐北区の大林集会所で毎月第4水曜日に開催されている「すまいるカフェ大林」にお邪魔し、認知症のお話をさせていただきました。 講師はタウン薬局曙店の管理薬剤師の原が務めました。
44名の方が参加され、講義を真剣に聴いた後は、認知症予防ゲームで笑ったりとあっという間の1時間でした。 参加者の中には、他でカフェを運営されている方もおり、またそちらのカフェでも認知症の講座をお願いしたいと依頼がありました。 安佐南区・安佐北区は2年前の災害の際に甚大な被害に遭われた地区がありますが、災害の直後に地域の方と区復興連携センターの協力によりカフェが立ち上げられており、地域の皆さんの心の拠り所となっています。 今後も何かお手伝いが出来れば嬉しいです。 講座の後には、参加者の中の男性が「音戸の舟唄」という歌を歌ってくださり、和やかな雰囲気の中で講座は終了しました。
今回ご依頼をくださいました安佐北区復興連携センターすまいるの川上様、当日お世話をしてくださいました運営団体のほほえみの皆さま、本当にありがとうございました。

 

(平野清子)
<ページの先頭に戻る>


2016年6月27日(これって加齢によるもの忘れ?認知症?)

竹屋公民館2階研修室で「認知症を予防する」と題した講座を開催しました。 参加者は公民館の「いきいきライフセミナー」に参加されている24名の会員の方々でした。
まず浅尾から、自身による認知症を患った家族介護の体験紹介からはじめ、認知症と物忘れの違い、「物忘れチェックリスト」を用いた参加者の自己チェックをまじえ、物忘れ・認知症が発生する脳の仕組み、そして認知症の予防としての睡眠の重要性、特に昼寝の効果、45歳過ぎからの運動の必要性について説明を行いました。 次に、小柳管理栄養士から認知症に係る「脳に良いといわれる栄養素」と「注意した方が良い食品」など日頃の食生活の参考として頂きました。 また、滝本による「認知症予防ゲーム」には参加者から「えーっ、こんなはずじゃない」など笑いととともに笑顔の出る楽しい講座となりました。 (ちなみに講師の浅尾は認知予防ゲームでは参加者中最下位でした。大丈夫でしょうか?)
講座の終わりには参加者の皆さまから沢山の質問を頂くなど充実した内容となりました。
最後に、当日ご依頼頂きました浜岡館長と担当の矢吹様には準備等大変お世話になり誠にありがとうございました。

 

(島岡敏)
<ページの先頭に戻る>


2016年6月20日(これって加齢によるもの忘れ?認知症?)

本日2件目となる出張健康教室は、阿戸公民館で開催されている「鶴亀大学」で、参加者の皆様(23名)に、認知症のお話をさせて頂きました。 午前の本川・広瀬集会所に続き、曙店の原管理薬剤師と本社の小柳管理栄養士が講師を務めました。
本日が鶴亀大学の第1回目ということで、講座に先がけて開会式があり、阿戸公民館の森井館長と老人クラブの会長さんが挨拶をされました。 認知症の講座では、5つのイラストを2回に分けて覚えていただき、最後に10個すべてを書きだしてもらうのですが、86歳になる老人クラブの会長さんが10個を完璧に書かれ、その早さにスタッフ全員で驚きました。 話を聞くと、会合などの案内などをご自分でパソコンを使って作っているとのこと。 日頃から指先を使うことは大事だと痛感しました。 鶴亀大学の方々は、会長さんをはじめ皆さんとても温かい方ばかりで、ぜひまたお会いしたいです。 依頼してくださった阿戸公民館の森井館長、お世話をしてくださった馬谷様、本当にありがとうございました。

 

(平野清子)
<ページの先頭に戻る>


2016年6月20日(これって加齢によるもの忘れ?認知症?)

今回は、本川・広瀬集会所で開催されている「ことぶき大学」において、認知症についてのお話をさせて頂きました。 講師は、私(タウン薬局曙店で管理薬剤師をしている原です)とタウン薬局本社の管理栄養士の小柳の二人で担当しました。 講義の途中では紙芝居やゲームも行いましたが、皆さん、真剣に取り組んでくださり、かなりの正解率でした。
紙芝居では、竹屋公民館の矢吹様がおじいさん役を、滝本がお嫁さん役を担当し、二人とも役になりきって台詞を言っていたため、笑いが起こり、楽しい時間となりました。 ご依頼をくださった竹屋公民館の浜岡館長、準備から当日のセッティングまで担当してくださった矢吹様、本当にありがとうございました。

 

(原友樹)
<ページの先頭に戻る>


2016年6月3日(これって加齢によるもの忘れ?認知症?)

緑井駅前サロンにおいて、認知症の講座を行いました。
今回は、タウン薬局安東店の永冨薬剤師から、認知症・もの忘れの違い、家族が認知症の場合の対処法、認知症予防法の説明から始まり、滝本による認知症予防ゲーム、小柳管理栄養士による食事による予防法、デイサービスセンターここから安東の国貞による認知症予防体操と盛りだくさんの内容でした。
安東の永冨、国貞の名前を参加された皆さんに覚えて頂き、また薬局・本社・デイサービスが一体になり、参加した皆様に楽しんでいただけた講座になりました。
ご依頼を下さった広島城山北・城南地域域包括支援センターの沖井様には心よりお礼申し上げます。 ありがとうございました。

 

(河内義和)
<ページの先頭に戻る>


2016年5月18日(これって加齢によるもの忘れ?認知症?)

JA安芸農協の上瀬野支店において、認知症の講座を行いました。
今回は、タウン薬局曙店の原管理薬剤師から、認知症についてお話ししました。
原の自己紹介から始まり、講座の途中で「紹介された相手の名前を1時間後に記憶している割合は年齢によって低下する」というお話しをさせて頂き、 最後に名前を当てるクイズを行ったのですが、元気に「原友樹!」と答えてくださる方が大勢いらして、原も驚いておりました。 また、認知症の方への接し方については、紙芝居を使って、役になりきって説明しました。 認知症ご家族の介護経験がある方からは、「怒ってはいけないと思うんだけど。。。」との声があがりました。 講義の後には滝本から指先体操や歌いながらの体操をさせて頂き、講座を終了しました。
ご依頼を下さった瀬野川東地域包括支援センターの渡辺様、お世話をして下さった塚本様、花岡様、JA安芸農協上瀬野支店の皆様に心からお礼を申し上げます。 ありがとうございました。

 

(滝本桃子)
<ページの先頭に戻る>


2015年6月30日(食・眠・動たべる・ねむる・あそぶ ~健康を保つ3つのバランス~)

ここからキャンパスフィットネスにて毎月行われる特別講義の講師を担当しました。今回は、これからの時期、特に注意してほしい「水分補給」をテーマに講義をしました。
身体に含まれる水分量は体重の約50~80%で、人間にとって水分はとても大事なものです。日常生活での必要水分量は約1.2L以上という話をすると、参加者の方々から「そんなに飲まないといけなかったの?」「飲んでるつもりでも全然足りてないわ」などの声が上がりました。
さらに、運動時に必要な水分についての話をし、運動中に飲んでいただきたい経口補水液の試飲も行うと、「以外に美味しいのね~」「今度試してみようかしら」などの意見をいただき、盛り上がりながら楽しい時間を過ごすことができました。参加者の方々も満足されたご様子で、この時期の水分補給の大切さを知ってもらえたのではないかと感じました。

 

(長尾ゆかり)
<ページの先頭に戻る>


2015年3月26日(食・眠・動たべる・ねむる・あそぶ ~健康を保つ3つのバランス~)

ここからキャンパスフィットネスにおきまして恒例の特別講義、 「糖尿病などの生活習慣を防ぎ、楽しい人生を送ろう」というテーマで淺尾さんが講師としてお話をしてくださいました。
糖尿病予防のためには①食事②有酸素運動③禁煙④規則正しい生活⑤ストレスを溜めない⑥飲みすぎ注意など抑えるべき6つの重要項目がありますが、その中でも食事にポイントを絞って講義は進められました。
特に食事の量に関しては「手のひらの大きさ」を使って一日に必要な栄養素ごとの量を参加された皆様と一緒に確認しました。「あ~、うちはお米を食べすぎだわ」「野菜が少ないわ~」といった声が上がり、ご自身だけでなくご家族の献立を見直すきっかけとなったご様子でした。
また、ご飯を食べる際の血糖値の急激な上昇を抑える方法として、野菜を摂った後にごはんを食べれば効果的であるという話には皆「今日の昼ごはんからやってみよう!!」などといった声もあがり非常に満足された様子でした。

 

(水澤滋宣)
<ページの先頭に戻る>


2015年2月26日(食・眠・動たべる・ねむる・あそぶ ~健康を保つ3つのバランス~)

こんにちは、ここからキャンパス 健康運動指導士の水澤です。
ここからキャンパスにおきまして、第二回特別講義を会員様向けに開催いたしました。今回は「寝る前の上手な過ごし方」をテーマに開催し、20名前後の方に参加いただきました。
① カフェインの摂り方
② アルコールの摂り方
③ タバコを吸われる方はいつまでに摂るか
といったことを中心に講義は進み、参加者からは
「ほお~」「知らなかった~」等々の声も上がり、目からうろこといった表情で真剣に聴講されておられました。
・ カフェインを含んだ飲み物は寝る前4時間は控える。
・ アルコールはビールなら中ビン500ml、日本酒1合等適量を寝る3~4時間前には飲み終えること。
・ 喫煙をされる方は寝る2時間前、最低でも1時間前には済ませること。
等々これまで知らなかった話がたくさんあり、非常に参考になったとの声をたくさん頂けました。
講義の最後には私のほうも実技で参加させていただき、夜十分な睡眠を得るための福寿体操を行いました。引き続き会員様からの声を拾い、様々なテーマで講義の開催をしていければと考えております。

 

(水澤滋宣)
<ページの先頭に戻る>


2015年1月22日(食・眠・動たべる・ねむる・あそぶ ~健康を保つ3つのバランス~)

初めまして水澤滋宣と申します。
西区己斐上4丁目においてフィットネスクラブ「ここからキャンパス」の管理者をさせていただいております。
私共は日頃地域の方を対象に機械を使った筋力トレーニングや集団での運動指導を通じてお一人お一人にあったプログラムを提供し、皆様に健康になっていただけるようお手伝いをさせていただいております。
今回は健康にとって欠かせない睡眠、食事というテーマで平野さん(薬剤師)、長尾さん(管理栄養士)の両名にお話していただきました。
運動後に取るべき栄養素の摂取のタイミング、量、具体的なおすすめメニューの紹介と試食。等々、和気あいあいとした雰囲気の中講義は進められました。
睡眠のテーマにおいては年齢と共に睡眠に関しての悩みを抱えておられる方も非常に多く、飲酒のタイミング、コーヒー等刺激物の摂取タイミング、より良い睡眠を得るための寝る前にしておくべき準備等を聞き、「今日から試してみるわ」といった声も頂き、非常に参考になるとともに、楽しい時間を過ごすことが出来ました。
今回初めての試みという事もあり、私自身不安な部分も多々ありましたが、今後も地域へ健康を発信できるよう継続的に開催し、地域の方と共に健康づくりを進めていきたいと考えております。

 

(水澤滋宣)
<ページの先頭に戻る>



Copyright © 2014 "T&T GROUP" All Rights Reserved.